アロマ利用法

芳香浴法

アロマセラピーは芳香療法です。
精油(エッセンシャルオイル)を使って、心と体の健康のための自然療法のひとつです。
精油をいろいろな方法で、毎日の生活に取り入れてみてください。


イーコンセプションのエッセンシャルオイル(精油)


エネルギー満ちている精油(エッセンシャルオイル)の優しい香りに触れていると、
人は本来の自分に戻っていけます。

自分でコントロールできなかった心が、いつの間にか癒されている事に気がつくことでしょう。

優しい精油の香りに包まれると、
かたくなだった心が砕けていったり、
悲しみの中にずっとあった心に光がさしている事に気が付けたり・・。
寂しい毎日に、 愛がいっぱいあったことに気が付けたり・・・。

アロマセラピーで使用します、
精油(エッセンシャルオイル)には、
愛情を深めてくれる香り
がたくさんあります。


【芳香浴】

アロマライトやアロマディフューザー、アロマキャンドルをつかって、
精油(アロマオイル)
の香りを楽しみます。

アロマポットの上部にあるお皿の上に少し水を入れ、
その上から好みの
精油(エッセンシャルオイル)を数滴落とします。
キャンドルや
ライトで温めることによって精油(エッセンシャルオイル)
成分が揮発し、
室内に香りが広がります。


   ラスター アロマライト クリア



アロマポットなどでエッセンシャルオイル(精油を香らせていますと、その香りの微分子は、
の粘膜に溶け込んでいき、覚神経細胞が香りを知覚します。
細胞は香りの情報を、大脳辺縁系へと伝達します。
そこにある、脳下垂体や視床、視床下部などが刺激を受けて、脳内ホルモンを分泌します。


イランイランクラリセージの香り作用を持つと言われるβーエンドルフィンや、
ローズグレープフルーツの香りは、エンケファリンを、
スイートマージョラムネロリの香りは、精神安定作用の強いセロトニンが分泌されるそうです。



【お手軽芳香浴】

ティッシュやハンカチに精油(エッセンシャルオイル)を数滴落とし、
香りをかぐだけでも簡単に芳香浴ができます。
外出先などでも利用できる、手軽な方法です。

カップにお湯を入れて精油(エッセンシャルオイル)を13滴くらい落とします。
勤務先や旅行先のお部屋でも手軽にアロマセラピーを楽しめます。

呼吸によって体内に取り込まれるエッセンシャルオイル(精油)は、微量ですが、
風邪などの際には、入などの方法で、効率よく取り込むことができます。



【吸入法】

カップや洗面器にお湯を入れたところへ、精油(エッセンシャルオイル)を数滴落として蒸気を吸い込みます。
目に沁みることがありますので、目は閉じましょう。
風邪などで呼吸が苦しくなってしまったら、無理はしないでください。



リラックスしたい心を落ち着かせたい気持ちを強く持ちたい愛を思い出したいなど、
その時にあった精油を選んで、
お部屋に香りを流しましょう。


こんな時の精油と癒し  精油の使い方


アロマcotoco バナー

アロマバス

アロマバス


 アロマバス 

アロマバスは、閉じられたバスルームでエッセンシャルオイル(精油)の芳香を吸入すると共に、
お肌からも成分を取り入れることができるため大変効果的です。

お風呂にエッセンシャルオイル(精油)を1~5滴くらい入れて、よくかき混ぜてからゆったり
アロマバスを楽しんでください。
アロマバスベース(リキッドエマルジョン)を使ってバスオイルを作るとお肌にも優しいです。


足浴.


キャリアオイルリキッドエマルジョン、天然塩などで、
エッセンシャルオイル(精油)を希釈して使っていただくのもよいです。

肌当たりが柔らかくマイルドになるので安心です。
体調やエッセンシャルオイル(精油)の種類などで調節して下さい。

はじめは少なめに、だんだんと増やしていって自分に合った量を見つけて下さい。
1滴でもお風呂いっぱいにアロマオイルの香りがしてリラックス出来ますよ。


一日の終わりにも始まりにも、アロマバスは、幸せな気分にしてくれます。

(注)小さいお子様とのアロマバスは、エッセンシャルオイル(精油)を1~2滴くらいでお試しください。
   ベビーは、アロマウォータークレイを入れて楽しみましょう。


アロマオイル イーコンセプション


おススメのアロマオイル(精油)

ラベンダースイートマージョラムイランイランジュニパーベリー
ローズウッドサイプレスユーカリ

いちばんおススメは、何と言っても
ローズダマスクです。

精油(エッセンシャルオイル)の一覧



おススメのお風呂グッズ



 リキッドエマルジョン(液体乳化剤) 

ソープヌードル
 と リキッドエマルジョン(アロマバスベース)




 足 浴 

足浴


たらいや大きめの洗面器などに熱めのお湯(42℃くらい)を注ぎ、
精油(エッセンシャルオイル)を1~2滴落としてよくかき混ぜてから、足首から下をひたします。

そばに熱いお湯を用意しておきます。お湯がぬるくなった時は差し湯をします。
お湯が冷めてしまうと、体も冷えてしまうので注意して下さい。

10分~20分くらいひたしていると体全体が中から温まります。 ちょっとした気分転換にもなります。

お部屋にふわっとエッセンシャルオイル(精油)の香りが広がってとてもよい気分です。

天然塩やバスオイル(リキッドエマルジョン)などを混ぜて楽しむのもよいですよ。



 手浴法 

手浴


足浴同様、熱めのお湯(42℃くらい)を洗面器に注いで
精油(エッセンシャルオイル)を1~2滴落としよくかき混ぜます。

香りの湯気に包まれて、香りを鼻から吸い込みながら、手をつけて温めます。
お湯の中で指や手を揉みほぐすと、より効果的です。

お子様とも一緒に楽しめます。子供達はとっても喜びますよ。

(注)小さいお子様は、エッセンシャルオイル(精油)は少なめにお使い下さい。



こんな時の精油と癒し  精油の使い方  アロマコスメ


アロマオイル(精油)を使う際の注意もご覧ください。


アロマcotoco バナー

美容法

アロマの美容


【手作りアロマコスメ】

ローション、クリーム、美容オイル、ジェルなど手作りのアロマコスメをお楽しみください。

体調や気分で精油やキャリアオイルを選ぶのはとっても楽しい事です。
自分のお肌や心の状態にあった香りを選ぶ時間が癒しの時間になります。


アロマクリーム作り


【フェイシャルスチーム法】


洗面器にに熱めのお湯をはって、精油を1~3滴くらい入れます。

蒸気が逃げないようにバスタオルなどを頭にかぶってみましょう。

精油成分が刺激になりますので、目は閉じましょう。むせてしまったら、無理をしない程度に楽しみましょう。

スチームでお顔の毛穴が開きますので、スキンケアにも良いですよ。


おススメのアロマオイル(精油)は、ネロリフランキンセンスローズサンダルウッドラベンダーなどです。


精油(エッセンシャルオイル)の一覧ページ

コスメの材料の一覧ページ


こんな時の精油と癒し  精油の使い方  アロマコスメ


アロマセラピーサロン(教室)machinoでは、コスメ作り教室も開講しております。

アロマコスメ作り講座1回体験コース
アロマクラフト講座5回コースがございます。

アロマ教室については、こちらのページでご案内しております。
http://cotoco.info/hpgen/HPB/entries/104.html


machinoロゴ

アロマcotoco バナー

オイルトリートメント(マッサージ)の仕方

アロマオイルトリートメントは、精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイルに希釈して、

お顔や体のトリートメント(マッサージ)をします。

トリートメント(マッサージ)オイルを作るときは、
希釈濃度は、10mlのキャリアオイルに対して、精油(エッセンシャルオイル)5滴の割合が目安。(2.5%)



キャリアオイル


ビーカーがあるととっても便利ですが、お料理の小さじ2杯で10mlです。

精油(エッセンシャルオイル)を複数混ぜる時には、トータルで適量といわれる量になるようにしてください。
(全部で3滴で3種類混ぜるなら各種類1滴ずつ)


ガラスビーカー 30ml ガラス遮光瓶(ブルー)30ml 



キャリアオイル(植物油)で希釈された、精油(エッセンシャルオイル)を使って、
トリートメント(オイルマッサージ)をします。

キャリアオイルは、精油(エッセンシャルオイル)を、
スムーズにゆっくりと身体のなかに深く浸透させる働きがあります。

オイルは、リンパ系を通して身体に入っていきいろいろな場所で効力を発揮します。
表皮→真皮→リンパ系→血液→体内

・緊張したり、凝った筋肉を緩める
・血液やリンパ液の循環を改善する
・心のストレスや緊張を取り去る
・エネルギーの流れを良くする
・エネルギーアップ


など、心と体のリラックスやリフレッシュに、心身のメンテナンスにどうぞ。



疲れがたまっている日のアロマオイルレシピ


ボディーマッサージブレンドオイル
10ml
ジュニパーベリーの精油 2滴
サイプレスの精油 1滴
サンダルウッドの精油 2滴


足裏やふくらはぎ、足首などやさしくオイルを塗ってあげましょう。
「今日もよくがんばりました。ありがとう。」っていっぱい言ってあげながらマッサージしてくださいね。



美容オイルレシピ


ホホバオイル
5ml
ローズヒップレッドオイル 5ml
ラベンダーの精油 1滴
ネロリの精油 1滴

お顔用オイルは、希釈濃度を1%くらいに。キャリアオイル10mlに精油2滴くらい。

オイルが目に入らないように、やさしく力を入れずにマッサージしてあげましょう。

手のひらのオイルをゆっくりクルクルと両手のひらを回しながらなじませてください。

しっかり体温でオイルを温めてから、お顔につけてあげてくださいね。

温まらない時には、ゆっくり目を閉じて深呼吸を何度かしてみてください。だんだん温まってきますよ。



マッサージ用ブレンドオイル



●オイルトリートメント(マッサージ)の仕方

手のひらにオイルをぬって体温で温めます。
ゆっくりやさしくマッサージしてください。オイルはたっぷりつけて下さいね。
オイルの量は、手がスムーズに滑るくらいを目安に、足りなくなったら足してあげてください。

体の末端から中心に向かって行うのが基本です。

お薬を飲まれている方、体調の悪い方、妊婦さんなど使えない精油(エッセンシャルオイル)もあります。

精油の使い方と注意もご覧ください。


精油(エッセンシャルオイル)の配合率は目的や用途によって変えてください。
また、精油(エッセンシャルオイル)によっても濃いめの濃度で使っても大丈夫なものと、危ないものがあります。

通常入手できる精油(エッセンシャルオイル)については、「2.5%の原則」を守っていれば、
大きなトラブルに至ることはないでしょう。


初めての方は、精油の滴数を少なめからはじめてください。
小さいお子さんや妊娠中、持病のある方は注意が必要です。


お肌の敏感な方やアトピーちゃん、小さいお子さんなどご心配な方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


精油を使う際の注意をご覧ください。




キャリアオイル

キャリアオイルの一覧ページ




マッサージ用ブレンドオイル


アロマ初心者さんにも簡単にオイルトリートメント(マッサージ)を楽しんでいただけるように、
そのまま使える希釈タイプのマッサージブレンドオイルもございます。




アロマコスメ  精油の使い方  こんな時の精油と癒し


アロマcotoco バナー


手作りコスメ

私は、10年前からアロマセラピー手作りコスメでスキンケアをしています。

とてもよいキャリアオイルやクリームベース、アロマウォーターに出会うことができたので、
簡単に手作りコスメを楽しんでいます。

10mlのキャリアオイルに対して、

精油(エッセンシャルオイル)5滴の割合(2.5%の希釈)が目安になります。

精油によっては、滴数を少なくした方がよいものもあります。

お肌の状態や体調などで希釈濃度を変更してください。はじめは少なめから試してみてください。


アロマクリーム作り  アロマスプレー作り


【夜のフェイシャルオイル】

ボディーマッサージブレンドオイル8ml

ローズピップオイル2ml

精油 ネロリ2滴 ラベンダー3滴


【朝のクリーム】

クリームベース 30ml

精油 フランキンセンス8滴 ラベンダー 5滴 イランイラン 2滴

キャリアオイルを変えたり、精油を変えたりして楽しんでください。

毎日使うクリームは、私は、精油の滴数を少なくして使っています。

クリームべース30mlに3滴~5滴くらいです。


アロマセラピーは、あくまでも香りを楽しむリラクゼーションとして生活に取り入れお楽しみ下さい。

アロマ手作りコスメのブレンドレシピは、アロマオイル(精油 )の使い方 アロマcotocoをご覧ください。


アロマコスメ 精油の使い方


手作りコスメの一覧ページ


アロマcotoco バナー

蜜蝋アロマキャンドルの作り方

天然素材キャンドル  


基本の作り方  キャンドルを作ってみましょう。


用意するもの

 蜜蝋(ビーズワックス)20g

 マカダミアオイル(その他のキャリアオイルでもOK) 小さじ1杯(5ml)

 型になるもの。

 キャンドルの芯

 キャンドルの芯を支える金具 入手できない場合は、ウォッシャーを応用します。
  ※ボルトを締めるときにクッションにする丸い金属。キャンドルの芯の重しとして利用。ホームセンターで買えます。


蜜蝋キャンドルセットには、蜜蝋200g、芯50cm、芯を支える金具10個入っています。


該当商品はこちらです。¥2,415

蜜ろうキャンドルセット



作り方

1)蜜蝋(ビーズワックス)とマカダミアオイルを耐熱の容器(パイレックスか陶器)に入れて、湯煎で溶かします。
   ※電子レンジも使えますが、温度は低めに(ビーズワックスの融点は65度前後)。
    
低温設定にすると、湯煎で溶かした場合と時間的にはそんなに変わりません。


キャンドルの芯と金具    



2)容器の真ん中に、キャンドルの芯をたらし、箸などで固定します。
3)溶けたロウを容器に流し入れます。
   ※色づけするときは、ロウが熱いうちにピグメントを加えて、少し固まりはじめるまで、かき混ぜます。
   ※香りづけするときは、あら熱がとれてから精油(エッセンシャルオイル)を加えます。

4)あらかた固まったら、芯を適当な長さに切って、冷凍庫に入れます。(1~2時間)
5)冷凍するとロウが収縮して、無理なくポロっと取れます。


アロマキャンドルの芯の付け方  

キャンドルの芯の付け方  



色づけ方法

基本の作り方 3)ロウを容器に流し込んだら、ロウがまだ熱い(液状)うちにピグメントを加えて、よく混ぜます。
そのまま放置すると、重たいピグメントは下に沈んでしまいますので、
ロウがかたまりだすまで、かき混ぜ続けると色が均一になります。

ピグメントの量は、ロウ25gに対して小さじ1/4杯ほど(しっかり色をつけたい時)。
ほんのちょっとだけ加えると、薄づきに仕上がります。



香りづけ方法

基本の作り方 3)ロウを容器に流し込み、あら熱がとれたところで、
精油(エッセンシャルオイル)を加えて、よくかき混ぜます。

キャンドルに加えた精油(エッセンシャルオイル)は炎で揮発しやすいので、
かなり多めに入れないと、しっかり香りが出ません。

火を灯した時にお部屋に香りが広がるようにするには、最低でも3%、多くて5%くらいの量を加える必要があります。
(例:ロウ25gに対して3%=合計15滴)

蜜蝋(ビーズワックス)を使ったキャンドルは、そのものがハニーの甘い香りがしますから、
蜜蝋(ビーズワックス)の自然の香りを楽しみたい方は、
精油(エッセンシャルオイル)の量を控えめ(2%程度)にしてもいいでしょう。



ハーブやスパイスを使って

ドライハーブやスパイスを加えることもできます。見た目に楽しいばかりでなく、
炎で燃えたときに、ハーブの香りがほのかに広がります。

小さめのティーライト型は水に浮かべることもできますから、
器にもハーブやお花を浮かべてコーディネートしてみても楽しめます。

ハーブやスパイスなどはロウより軽いので、ロウの上のほうだけに固まります。

キャンドル全体に散らしたい場合には、段階的にロウを流し入れ、
そのたびにハーブやスパイスを散らしていくようにしてください。

水気のあるものを入れると、キャンドルの炎がパチパチ音をたてて、うまく燃えなくなりますので、
乾燥したものを使ってくださいね。



 



キャンドルの容器


耐熱性の素材であること(耐熱ガラス、陶器、金属など)。


手作りキャンドル


シリコンカップに入れてみました。常温でい時間くらいで固まると、そのまま綺麗に外せました。



手作りアロマキャンドル



あまり底が深くないこと。

コップのように深いものはロウが減るにつれて酸素が入りにくく、燃えにくくなります。

芯が燃えるのに必要なロウの量を考えること。

芯が必要とするロウよりも多いと、次第に芯がロウの中にもぐりこんでしまい、炎が燃えにくくなります。

太めの芯で直径4cmほどのロウを溶かします。
芯からの距離が4cm以上あいてしまう場合には、芯の数を増やします。


アロマポット白磁


応用

蜜蝋( ビーズワックス)は香りも、燃えもよく、ナチュラルなキャンドル素材です。

蜜蝋(ビーズワックス)だけでもキャンドルは作れますが、マカダミアオイルを加えているのには理由があります。

蜜蝋(ビーズワックス)を湯煎で溶かす時間が短縮される。 燃焼効率がよくなる(キャンドルが長持ちする)。

型に流し入れるとき、温度が高いと型をいためるが、オイルを加えることで液体の状態を長く保てる。

マカダミアオイルの量が多すぎると、キャンドルがやわらかすぎて、変形しやすくなります。

マカダミアオイルは、蜜蝋(ビーズワックス)の2割程度がいいようです。
蜜蝋(ビーズワックス)との香りの相性がよく、価格的にも無理がないです。


その他の植物オイルを使うこともできますが、オイルによっては臭くなることもあります。

グレープシードオイル、スイートアーモンドオイル、お料理用のオリーブオイルなどはよいです。



注意点


溶けたロウは熱いです。火傷をしないようにご注意ください。

キャンドルに火を灯す時は、キャンドルホルダーをお使いください。

耐熱性のガラス、陶器など燃えない素材をお使いください。

キャンドルに火を灯す時は、必ずキャンドルから目を離さないでください。放置すると危険です。

火を灯したキャンドルは、子供の手の届かないところに置いてください。

キャンドルの炎を吹き消すときに、火の粉が飛ぶことがあります。
火傷やじゅうたんなど焦がさないようにご注意ください。



今回ご紹介した該当商品はこちらです。 ¥2,415


蜜ろうキャンドルセット  



蜜蝋キャンドルセットがあると簡単にキャンドルが作れます。



アロマセラピーサロン(教室)machinoでは、蜜蝋キャンドル作りの教室を開講しています。


詳しくはこちらのアロマ教室のご案内をご覧くださいませ。

http://cotoco.info/hpgen/HPB/entries/104.html


machinoロゴ

アロマcotoco バナー

梅雨のアロマセラピー


梅雨のアロマセラピー

梅雨のジメジメは、アロマセラピーでお部屋も気分も爽やかになりましょう。
お掃除にエッセンシャルオイルを使ったり、
ルームスプレーやアロマライトで芳香浴を楽しんだり、マッサージをしたりできますよ。


お掃除におすすめのエッセンシャルオイル

ティートリー(ティーツリー)
ペパーミント
オレンジスイート
レモングラス など



アロマルームスプレー作り

スプレー瓶に、水50mlとエッセンシャルオイル10滴を入れて、よく振り混ぜます。
20%くらいまで無水エタノールを入れますと混ざりやすくなります。

例:ティートリー5滴、ペパーミント2滴、オレンジスイート3滴

テーブルや床にスプレーして拭くと、爽やかな香りにお部屋が包まれます。
はじめてお使いの方は、家具にオイルがついても大丈夫か試してからお使い下さい。



アロマライトやルームスプレーでの芳香浴におすすめのエッセンシャルオイル

ペパーミント
ローズマリー
サイプレス
レモン
グレープフルーツ
ローレルベイ


アロマライトに2~3滴落として香りをお楽しみください。
ルームスプレーは、お掃除用と同じくらいの分量で楽しめます。


アロママッサージにおすすめのエッセンシャルオイル

リラックスして心地よい眠りに・・


サンダルウッド
ゼラニウムローズ
パチューリ
マージョラムスイート
ベルガモットFCF
ローズウッド
ラベンダートゥルー など



グレープシードオイル


キャリアオイル  20ml
 グレープシードオイルアボカドオイル などに
エッセンシャルオイル 4滴

例:グレープシードオイル20mlに
  サンダルウッド1滴、ラベンダー1滴、ベルガモットFCF2滴


ボトルなどに入れてよく振り混ぜて下さい。
使う分だけビーカーで計ってブレンドしますと新鮮です。



  


スッとサッパリしますミネラルジェルを使いますと、さらに爽やかな気分になれます。



ミネラルジェル イ-コンセプション


ミネラルジェル20mlにエッセンシャルオイル2滴
容器に入れて、よく混ぜてお使い下さい。

例:ミネラルジェル20mlに、ゼラニウムローズ1滴、ローズウッド1滴


アロマセラピー教室も開講中です。
http://cotoco.info/hpgen/HPB/entries/104.html



お問合せ・お申込み



アロマcotoco top












インフォメーション

会員登録

アロマセラピー

アロマ利用法

オイルマッサージの仕方

商品基本情報

基礎講座 利用法 手作りコスメ ケア 妊婦

店長日記

店長の写真 machino,cotoco

店長の高橋です。
アロマサロンmachinoで、
アロマ教室とトリートメントを
しております。
アトピーをきっかけに、精油と
手作りクリームで、
心と体が癒されました。
店長日記はこちら >>

店舗紹介

プロフィール

安心クレジット決済

FACEBOOK machino
ツイッター

ブログ
machinoロゴ

アロマmachinoの日記

営業日
  • 今日
  • 休日
  • 定休日

営業時間 10:00~18:00
お電話でのお問い合わせは
営業時間にお願いします。
メールでは24時間
承っております。
e-mail aroma@cotoco.info

アロマ教室等で
留守になる事もありますので、
お電話でのお問い合わせは、

090-1276-9507(高橋)まで
お願いします。
折り返しご連絡させて頂きます。

LINK

machinoの修了生さん

トータルビューティーサロンぽぅむ


 LINK

ページトップへ