アロマ商品の基本情報

キャリアオイル

ボディーマッサージブレンド  


キャリアオイルとは

キャリアオイル(ベースオイル、ベジタブルオイルとも呼ばれる)とは、植物から抽出されるベジタブルオイルです。
精油(エッセンシャルオイル)を希釈し、皮膚に塗るときに使います。

精油の成分を揮発させずに引き止め、体内に取り込むのを手伝ってくれることから
「キャリア(=媒体)オイル」と呼ばれます。無色・無臭に近いものが多いです。


アロマセラピーでは、主にアロマオイルトリートメントの際に利用されるものです。


キャリアオイルの役割
1)精油(エッセンシャルオイル)を適度に薄めて、皮膚刺激を回避する。
2)精油(エッセンシャルオイル)の揮発を防止。

これらの役割と「精油(エッセンシャルオイル)の香りを邪魔しないで」機能させることが大切です。


ホホバオイル(オーガニック)



    ホホバオイル
    (オーガニック) 
    油っこくない天然液体ワックス。非常に酸化しにくいため、ブレンドのベースとして重宝。
    高価なオイルなので用途を選んで上手に使いたい。
    ベビーマッサージにも使いやすいです。


    ボディーマッサージブレンド


    ボディーマッサージブレンドオイル(オーガニック)
    3種類のベジタブルオイルを混合したキャリアオイルで、
    適度な粘性があり、無臭・無色で、浸透性も優れています。

    また、複数のキャリアオイルを混合することによって、バランスをとるというメリットもあるようです。
    これならお値段的にも惜しみなく使えます。




    アロマcotocoロゴマーク1



    一般に精油(エッセンシャルオイル)の配合割合は2.5%程度(多くても5%まで)が適当と言われています

    つまり、100mlのキャリアオイルに2.5mlの精油(エッセンシャルオイル)が適量というわけです。

    そこで、通常アロマセラピストが使っているのは、ドロッパーの滴数で計量する方法です。


    通常、ドロッパー20滴で 1mlになります。
    ドロッパーや精油の種類によって1mlあたりの滴数は20~35滴と異なりますが、
    1ml=20滴(1滴=0.05ml)と考えておけば使いすぎにはならないでしょう。


    つまり、2.5mlの精油(エッセンシャルオイル)=50滴にあたります。
    「10mlのキャリアオイルに、5滴の精油(エッセンシャルオイル)=精油濃度2.5%」

    「10mlのキャリアオイルに、2滴の精油(エッセンシャルオイル)=精油濃度1%」


    これを基本に考えると、難しい計算をせずに配合できます。


    使用頻度の高いブレンドならば、30m遮光瓶を利用して作りおきしておくと便利です。


    また、精油(エッセンシャルオイル)を複数混ぜる時には、
    トータルで適量といわれる量になるようにしてください。
    (全部で3滴で3種類混ぜるなら各種類1滴ずつ)


    精油(エッセンシャルオイル)の配合率は目的や用途によって変えてください。
    また、精油(エッセンシャルオイル)によっても
    濃いめの濃度で使っても大丈夫なものと、危ないものがあります。


    通常入手できる精油(エッセンシャルオイル)については、
    「2.5%の原則」を守っていれば、大きなトラブルに至ることはないでしょう。

    薄めの希釈濃度1%は、小さじ1杯(5ml)のキャリアオイルに対して、精油1滴です。




    アロマオイル注意事項 妊婦アロマ アロマケア


    *妊娠している方、授乳中のお母さん、お子さん、お年寄り、持病をお持ちの方、
     お医者さんから処方されたお薬を飲んでいる方、痙攣(けいれん)を起こしやすい方
    は、
     精油(エッセンシャルオイル)の種類やブレンド、使い方や濃度・頻度など、細心の注意が必要です。
     知識がないままに、精油(エッセンシャルオイル)を使わないほうがいいでしょう。



    その他のキャリア

    キャリアオイルの代替品として使われるものに、
    クリームやジェルなどがあります。
    用途に応じて適切なキャリアを選ぶことで、エッセンシャルオイル(精油)のよさを最大限に生かすことができます。
    重曹、グリセリン、はちみつなども、キャリアのうちに入るでしょう。



    クリームベース


    クリームベースには各種キャリアオイル(ベースオイル)やビタミンEなど、
    5%くらいまで加えることができます。少しずつ加えて、よくかき混ぜてください。
    (アルコールで消毒したスプーンなどをお使いください)

    エッセンシャルオイル(精油)を加える場合には、濃度を1%以下にしたほうがいいでしょう。
    香りがキツすぎると感じる場合には、もっと濃度を下げても構いません。



    アロマウォーター


    クリームが硬すぎると感じる場合には、水分アロマウォーターなど)を加えて柔らかくすることもできます。
    湯煎で温めながら少量ずつ混ぜれば、ダマやムラが出来ません。



    カステリアソープ


    また、クリームベースに5~10%ほどカスティリア石鹸(液体)を加えると、
    手作りクレンジングクリーム(洗い流すタイプ)として利用できます。



    クレンジングベース


    マッサージ用ブレンドオイル



    アロマcotocoでは、
    精油やアロマコスメの作り方などのご質問をお待ちしております。



    お問い合わせメール


     machinoロゴ アロマcotoco店長ブログ アロマオイルの使い方 レシピ


    アロマcotoco top

インフォメーション

会員登録

商品を1回1万円以上
お買い物の会員様に、

精油のサンプルプレゼント!

アロマセラピー

アロマ利用法

オイルマッサージの仕方

商品基本情報

基礎講座 利用法 手作りコスメ ケア 妊婦

店長日記

店長の写真 machino,cotoco

店長の高橋です。
アロマサロンmachinoで、
アロマ教室とトリートメントを
しております。
アトピーをきっかけに、精油と
手作りクリームで、
心と体が癒されました。
店長日記はこちら >>

店舗紹介

プロフィール

初めての方へ
お取り寄せ・在庫切れ

ギフト、ラッピング無料
安心クレジット決済

FACEBOOK machino
ツイッター

ブログ
machinoロゴ

アロマmachinoの日記
アロマcotocoブログ
machinoのアロマ&クリスタル教室・サロンBLOG


営業日
  • 今日
  • 休日
  • 定休日

営業時間 10:00~18:00
お電話でのお問い合わせは
営業時間にお願いします。
メールでは24時間
承っております。
e-mail aroma@cotoco.info

アロマ教室等で
留守になる事もありますので、
お電話でのお問い合わせは、

090-1276-9507(高橋)まで
お願いします。
折り返しご連絡させて頂きます。

LINK

machinoの修了生さん

トータルビューティーサロンぽぅむ


 LINK

ページトップへ